大好きなコーヒーの魅力

 一口にコーヒーといっても、様々なものが販売されている。
では、その中でも心中を観察にする作用に特化した「エスプレッソ」において論じてみたい。

 身が英国へ旅行した際に、現地のハイカラでクリエイティブな仕事をする集まりは皆と言って良いほどエスプレッソを飲んでいた。
取り敢えず、各地でひらめきたいときに呑むといった通例や、かっこよさを認識されている青写真です。

 最近ではどんな喫茶店もエスプレッソを注文することができるようになった。
身は暖かいジュースは飲まない結果、刺々しいエスプレッソを注文する。
氷を入れて買うのである。
普段は、冷めたら味わいが落ちるとしているので、早めにお呑みくださいと言われるが、こちらが求めているものは「脳の活性化」と「目を覚ますあの悪臭という苦み」なので、冷めていてもさほど妨害に感じたことはない。

 さて、エスプレッソとかコーヒー全ては、ご飯の際に摂取した鉄分を壊すと聞いて久しい。
実質30分以外時間を空けてから呑むことをやり遂げる医者もいるほどです。
加えて、寝起きに時計で飲んでしまおうというほうがいるらしいが、これもいまひとつ効率が良いとは言えず、目が覚めてから2瞬間のちが脳の覚醒にはちょうど良いという審査もある。

 コーヒーはうまいし、目が覚め、知恵も覚醒される道楽品であるが、そのもと上の特技や、人となりに関する体系を熟知して呑むほうが、味に対して皆言っているよりはかしこい呑み方をやることになりそう。